まつ毛エクステよりもまつげ育毛剤がおすすめ

まつげエクステは目元にボリュームを持たせることができる、おしゃれアイテムとしてよく使われているものですが自まつ毛に負担をかけてしまうことがあります。まつげエクステをする際につかう接着剤などには原料に化学物質が使われているものも多く、これらはデリケートな皮膚の薄い部分に触れることで強い刺激を与えて炎症を引き起こす原因となってしまうことがあります。炎症をひきおこしてしまうと、まつ毛の脱毛症を起こすこともあります。また結膜炎や眼瞼炎などと言った目のトラブルを起こすこともあり、そうなってしまうとまつ毛を支えている毛根周囲に炎症が起こりまつ毛が抜け落ちることがあります。そうならないためには、まつげエクステをしないのが一番良いのですがアイメイクがしたいから、まつげエクステは欠かせないという場合にはまつ毛育毛を心がけながら、自まつ毛にかかる負担を軽減するようにすることが大切です。軽減するためにはアイメイクを濃くしすぎないようにすることも大切で、アイシャドウやマスカラを重ね塗りしたりするのはなるべく避けましょう。あまり濃くメイクをするとクレンジングでも落としくれずに残ってしまったって残ったメイクが毛穴をふさいでしまうことで抜け毛の原因となったり、きれいの落とそうとこすりすぎてしまうことで強い刺激を与えてしまい、まつ毛育毛を妨げてしまうことになります。まつげエクステを落とすときには必ず専用のリムーバーを使うようにして、アイメイクを落とすときのクレンジングは優しく丁寧に、しっかりとおとすようにしましょう。ダメージに負けないまつ毛育毛のためにはまつ毛美容液などを使って、瞼に直接栄養を与えてあげるようにするのもよい方法です。